スポット紹介

トップページ > スポット紹介

井田跡(日本遺産)

中国周時代の井田法を模範に、寛文10年岡山藩主池田光政が津田永忠に命じて、現備前市穂浪井田地区に造らせた地割遺構。上井田・下井田から成り、上井田面積9町7畝、下井田9町3反18歩を1区画1町歩を単位にして、一ノ町から九ノ町に9等分し周法を実施。一ノ町から八ノ町までは8軒の私田とし、九ノ町を公田として8軒で共同耕作し、その収穫物を租税として上納する仕組みで税率1割の理想的租税制度であった。このような制度の遺構は国内はもとより、中国にも現存の例がないという貴重なものであるという。

電車
JR赤穂線伊里駅下車
徒歩 約10分

山陽自動車道備前ICから
約15分

施設詳細

住所 〒705-0033備前市穂浪198

地図

一覧へ戻る

スポット検索

エリア別

ジャンル別

キーワードから探す


×

×